美の競演

今回は麩屋町通をちょっと外れて、

京都府庁のしだれ桜をご紹介します。

京都府庁 旧本館の中庭にある「祇園枝垂桜」と名づけられたこの桜、

最大の見所は、建物とのコラボレーションです。

明治37年(1904)に竣工した府庁旧本館は、柳馬場通(麩屋町通の2本西)にある「京都ハリスト正教会」も手がけた建築家、松室重光の設計。

ルネサンス様式のその建物を借景として、孤高にすっくと立つしだれ桜。

両方の組合せが見事です。

建物見学と合わせ、祇園枝垂桜をご鑑賞ください。

意外な穴場で静かなのも◎

※写真が表示されない場合は、Google Chrome(グーグル クローム=閲覧ソフト)でご覧ください

Written by:

コメントを残す


7 − = 六

ページトップへ